topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KleeTimes Vol.1(日本語版) - 2015.05.16 Sat

こんにちは。クレー呉服店の店長クレー・パオロです。 この度はKleeTimes英語版を刊行させていただきましたが、UWOでは早速いろいろな反響をいただいております。 それで、今回は日本語版を執筆させていただきます。 ただし、記事はDOLの航海者向けとなり英語版とは内容が異なりますのでご了承ください。

※今回の記事ではユーザイベ言及の為にロンバザ、リスコレの集合写真をお借りいたしました。
(すみません…どなたが撮られたSSなのか現時点ではわかりませんでした。判明次第、お名前掲載させていただきます)

KleeTimesTitleJ.jpg

あらためまして、こんにちは。

これまで北米版DOLともいえるUWOのリポートを当店のアリッサを通して皆様に発信させて頂いていたわけですが、今回英語版にてUWOの航海者たちが疑問に思っておられたり、DOLとの大きな違いなどに関してそのほんの一部をご紹介させていただきました。

それで今回はUWO航海者がDOLに来たらどう感じるか、という視点で日本語版を執筆いたします。
古参の多くの方は、DOLが休止中にUWOでも航海された経験がおありだと思いますので、すでにご存じの方もおられるかと思います。
大きな違いと言えば、あげれば数多くありますが、例えばサーバがGama1つだけであるということ。また、航海者養成学校が3つ存在し、そのいずれにも大体4、50人前後の新米航海者たちが在籍していると言うことです。

また、もう一つの点は世界の中心がDOLと異なるということです。
UWOの航海者が仮にここに降り立ったとすれば、本当に驚くことでしょう。

051415 124846

はい。 ここはいつもの見慣れたリスボンの銀行前の風景です。それもこれはあまり人が多くない時間帯です。
港側にもびっしりとバザーがw 観察する限りでは、銀行周辺から噴水辺りまでが服飾、アイテム関連。 そして、港側がFS造船系統のパーツ販売エリアといったところでしょうか。商会管理事務所側には南蛮系統の売りが少しだけ出ていますね。

051415 124811

では、UWOのリスボンはというと・・・

040415 133503 
以前撮っていた写真ですが、銀行周辺だけこんな感じになります。見える範囲でしかバザはなく港側や商館管理局側ではほとんどバザは見かけないですね。 あってもぱらぱらと点在しているレベルです。
ではUWOではどこが世界の中心かというと…それはご存知の方も多いと思いますが、セビリアです。そしてバザ商会管理局側でこんな感じです。

040515 143247 

こんな感じのバザがずーと銀行側まで続いていて噴水のあたりまで広がっていますね。
売っている商品も入り混じってます。大まかに言うと管理局辺りにFSが多め。 銀行辺りが服飾や消耗品などっていう感じでしょうか。

それともうひとつ面白いことが。

051415 125202

ハイ。何の変哲もないDOLのリスボン交易所前。いつも道り買い物に来た人がちらほらいる感じです。
ではこれがUWOのセビリアになるとこうなります。

041215 200919

以前も書いたと思いますが、何かの抗議活動をしてるのか、というぐらいすごい数の南蛮物の売り子さんで交易所の主人が見えなくなってますw
ものすごく買い物しづらいです。 たまに香辛料売り子もいますが、これほとんどがEA物、いわゆる南蛮ブースト用商品ですね。
買って交易所で売ってもバザでの販売価格が高いのでレートがいくら良くても間違いなくかなりの赤字です。

これは、ここでは多くの人が南蛮交易をしていないという現実が反映された光景ですね。 多くの人がいまだに香辛料貿易を生業としています。 すごく簡単に言うと課金アイテムがないと大変南蛮貿易がしづらいのです。このことは近いうちに扱おうと思います。

また、UWOの人が驚愕するであろうものはこちらです。

050615 212055

これは別に面白くもない普通のバザの内容ですが、実はUWOでは依頼幹施書はQMPと呼ばれるこの書類一枚700~800kぐらいになってしまうのです!
それはNo.1ロットがほとんどもらえないことですね。この書類は冒険報告時にしかもらえないに等しいので、専門分野を極めたい人は希少クエ出しの為にこれが足りなくなり買うしかないのです。

さらに木製夜木系統は、イベント、それもガチャ形式のイベントでしかもらえないレアな物になり、生産することができません。
あとはイベントなどの景品で出る船に使用されています。下のは木製ではないと思いますが現在もらえる報酬船です。

SSF.jpg

名前は、シャドー・サン・フェリペ。 黒い船はShadowという名前になるんですね。 
というわけで素材の夜木を買おうと思えば数G単位の価格は覚悟しないといけません。
このような理由で黒い船はUWO航海者羨望の船というわけです。
ちなみにこの船、レベル22/19/35で乗れてしまうというとても優秀?というか大変チートな船になります。

ではお次は機能や文化などの違いについて扱います。 レポートはまだまだ続きますよ~
 


お次は生産についてです。
これは皆さんご存じ生産のレシピの画面ですが、現在このような仕様に代わりましたよね。大変便利ですし管理上げがとても楽になりました。ですが、UWOでは・・・

051315 114412

既に懐かしい画面ですね~ しかしUWOでは未だに沢山作る時も延々とこの画面を見ておかなければならないわけです。
おかげで管理上げ座礁もしばしば…UWOにはこの新しい機能はいつ実装されるのでしょうか・・・

000081.jpg

またこちらにいて気付いたのですが、ユーザーイベントがほとんど開催されていないようなのです。
バザやオークションなどの文化系のイベントは皆無に等しいです。
個人主義の浸透している英語圏らしいと言えばそれまでですが、やはり大航海時代らしく、いかに一人であっても困難を自力で切り抜けることができるかという、バイタリティが必要になるのだと思います。

なのでこのようなSSもDOLならではの光景なんですね。

ロンドンバザ―
IMG_0004.jpg

リスボンこれくしょん
IMG_0006.jpg

ヴェネバザー
050615 001116

ダイスくじ大会 in ヴェネチア
050515 230418

ここに写っているペット馬もUWOではまだ未実装なのか、実装されていたとして所有している人を見たことがないです。そもそもペットを飼っている人事体少ないような気がします…

ヴェネチア釣り大会
050515 233707

これらのイベントは企画される方々やスタッフの方々の見えない努力によって成り立っているイベントです。
やはりそれだけ協力関係が強く、他の方の為に犠牲を払われる方がおられるからこそ成り立つイベントだと思います。

総括として言えるのは、日本のDOLがまったり航海というのであれば、北米UWOは緊張感あふれる大航海時代さながらのサバイバル色の強い世界観というところでしょうか。 どちらが好きであったとしても、それぞれに良いところがあると思いました。

それでは今日はこの写真でお別れです。
クレーが呉服店を出している頃、アリッサもUWOで洋服屋を始めましたw
主な商品はサンクトペテルブルグの時代限定服!始めたころは良く売れていたんですが、最近はあまり売れ行きが良くないですね~ おそらくサンクに到達した人が増えのではないでしょうか?そろそろ商品を考えなければ。

042815 1042185

そう、ちなみについこの間、メルカトールさんに呼ばれて行った時、地理調査みたいなアイコンが・・・もしかして既に奥地にまで行けるようになったのだろうか・・・この件はまだ調査が必要ですね。

それではみなさん。 DOLでまったりと航海を楽しんでくださいね~

  
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは^^

おっ、パオロさんも遂に、ブログ始めたんですね^^
早速、リンク張らせて頂きました^^
これから、よろしくお願いします^^

Heiho

実はUWのアカウント作ってみたんですけど、学校をまた履修するのが面倒で先にすすんでなかったりするんですよね。クロノスキャラを育てるのでお腹いっぱいになっちゃったというか。
UWもそれなりに収益あげてくれていればDOLも長く続いてくれそうですけど、最近日本ではレアっぽいアイテムをGETできる敷居が下がっているみたいだから心配だな~っていう感じですねえ。
英語の記事でも読んでますゆえ、また書いてねw

パオリーナさん
大変お久しぶりです。しばらくお見かけしなかったので、ご活躍を存じ上げませんでした。 ブログはその、何というか成り行きでw 詳しくは一番最初の記事をご覧くださいw

パパチチさん
お久しぶりです!なんだか、書かれている記事からの推測ですがリアルロンドンにおられるんですか!? 英語も相当おできになりそう! 私の感覚英語で失礼しますw 英語圏の方は文字認証の壁でコメントでき無いからですね~英語記事だけは認証を外したほうがいいかな・・・って可能なのかな? でも気が向いたときに英語記事に英語コメントお願いしますw
確かにDOLは心配ですね。DOLもガチャではないイベント景品とかでUWOの船の導入は考えたほうがいいんじゃないかな?それにUWも入れ替わりが激しい感じです。学生は多いのに定着する人が少ない気が・・・あ、もしよろしければロンドンのWolvesにどうぞ~現在メンバーのサブアカ脱会で1つだけ空きがw 入ってくだされば何とかインジェクションで学校を飛ばしてしまいましょうw
どんな記事を書いてほしいか具体的なFBがあればまた書こうと思います。

相当な課金ゲームですね~。
基本無料ゲームはやはりそんなものなのかなぁ。

DOLは始める敷居が高いから、一週間の体験無料より期間を延ばせば(あるいは期限無しでもう少し制限を設ける等)とは思ってはいましたが…。

正式には記事に書きますが、南蛮交易は無課金の素ではDOLの3分の1のレートですからね。

無課金だと強制的にカリカットが交易の中心になるわけです。
でも、長い目で冒険をしたいとか、造船以外を極めたいならランニングコストは相当お手軽ですけどね。
まあ、共有倉庫などは有料ですがw

英語さえどうにかなれば快適です。駅前留学よりもお安いですしお手軽ですよw(何か宣伝になってしまっているw)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://draperpaulklee.blog.fc2.com/tb.php/39-7eb5edbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絆 «  | BLOG TOP |  » KleeTimes Vol.1

Multilingual Trancelation

Please Select Your Language.

プロフィール

クレー・パオロ

Author:クレー・パオロ
所属国:ヴェネチア
商会:英・東インド会社
本拠地:ロンドン
店舗:A鯖リスボン、銀行前

A鯖リスボンを中心に活動する創業まもない呉服店です。ヴェネチア発、着物文化を世界に広げましょうw

大海原を駆け抜けつつ、新旧問わずお気に入りの呉服(だけではなく洋服も…というか洋服が多いかも)を独断と偏見に基づき勝手にコーディネートして回りたいと思います。DOLの魅了は洋上だけにあらず!ということで貴方のお気に入りの一着はどれですか?

------------------------------------

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーテクモゲームスが使用許諾を行ったものです。 

Copyright related to "Uncharted Waters Online", and all other intellectual property rights are the property of their Corporation Koei Tecmo Games.
Image of "Uncharted Waters Online" that are posted on this website, "Uncharted Waters Online" that are licensed in the official site has been explicitly, or a valid account of "Uncharted Waters Online" is what Ltd. Koei Tecmo Games has made a license only to the user.

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

航海のお供に (2)
服飾関係 (53)
旅行記 (10)
南蛮交易関連 (2)
落書き帳 (3)
Uncharted Waters (14)
記念アルバム (2)
つぶやき等 (9)
その他 (3)
日常 (4)
人物模様 (3)
Union Cycliste Internationale (6)
イベント等 (13)
連絡用 (0)
FIFA (8)
Sims4 (11)
歴史の真実 (2)
オートレース関連 (1)
小説 (2)

Archive+Daycount

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。