FC2ブログ

船団を使って金策をしよう!

0 Comments
クレー・パオロ
Title004.jpg

紳士、淑女の皆様、こんにちは。
「クレーの本棚」編集長、クレー・パオロです。

今回はThe Pirate: Plague of the Deadの金策方法を書きたいと思います。
交易も無くはないのですが、基本的に船でのアクションが中心のゲームですので複雑な交易品などはありません。
その為金策も思いのほか簡単にできます。

もっとも楽な方法は砲丸の転売です。
ここで注意点がいくつかあります。
まず、全船とも海賊認定されていないことです。
下の写真を見たらわかりますが、ニュートラルの表示の船は旗さえ合わせれば上の写真の状態であればどこでも停泊することができます。
ただ、一度でも他船と絡んだ場合は下の表示に代わり海賊認定されます。

0003.jpg

このような状態では他国の港で錨マークが出ず、ほかの国の艦隊から追われる立場になり、買い物などは当然できません。
ですから仕入れの際にはニュートラルな船のみを使用しましょう。
海賊認定された船も2つの方法で解除できます。

1.緑の旗のスマグラーズ・アウトポストで船名を変える。
  マップ内に数か所存在するスマグラーズアウトポストでは船名を改名できます。改名すると以前のレコードが消えニュートラル認定されます。ただ、20コインの手数料を取られます。

キャプチャshop7

2.ペクニー・ハーバーでクエストを受ける。
ここではお小遣いクエストを受けることができます。下のハミルトンさんから受けるクエストになります。
依頼内容は簡単なものもありますが、クエストの途中で大艦隊から邪魔されるものもあり、ほとんどの場合は金策目的としては適していません。報酬はだいたい250~300コインほどです。

ですが、ここでの大きなメリットとして、開いていない港が開示されたり、クエストを受けた瞬間に、港に停泊させていて、所有している全船がニュートラルのステイタスに代わるというものがあります。
それで、今回はクエだけを受けてそれをただ放棄(クエ内容にかかわらず好きなように動くだけでよい)するというのも手だと思います。

キャプチャshop8

ではいよいよ金策を行っていきましょう。
まず、先ほどの手順でニュートラルにした船団を、荷物を空にしたうえで所有していない港へ停泊させます。

この際、一回で買える量を増やすためできるだけ大きな港に行きましょう。港の大きさは星であらわされています。
また、下の港のように近い港だと時間経過が少なくて済みます。
それでは貨物を買い込んでいきましょう。 (下のReadmoreから続く)

キャプチャshop3
港に停泊し、錨を下すとショップで買い物ができるようになります。

自分が所有していない各国の港では以下の表示のようにキャノンボールと鎖弾は1コインで一個買うことができます。
ここで自分の船の積載いっぱい買い込んでいきます。効率から考えてこの二種類に限定したらいいと思います。

キャプチャshop1

買い付けはとにかく多くの船で行った方が良いです。私は現在数十隻に増えたので、本隊ではない船団で交易用の買い付け部隊を編成しています。艦隊全部が満タンになるまで二つの港をひたすら往復して買い付けます。

在庫0になっても港移動の間に元に戻りますので単純往復だけでよいです。
このようにして買い付けた砲弾を「自分の港」へ持って行き販売します。下が自分の港の価格です。

キャプチャshop5

そうですね。二倍の価格になっています。
つまり、買い付けにかけた金額が単純に2倍になります。船団を使ってこれを繰り返せば倍額づつ増やしていくことができます。
船が大きくさらに船団の隻数が大きくなればなるほど利益が大きくなっていきます。

自分の港でも日数経過とともに鉄材から砲弾を作ることもできますがそれには別の要素が関係するので別の時に・・・
結局、港のサイズにかかわりなく自分が占拠している港で物資や人材を雇用しようとすると、とんでもない金額がかかるので、基本は他の港で補充するようにしましょう。

このゲームでは港の占拠は船が大きければさほど難しくないのですが、その後の補給を考えて大きな港は他の国の港として残したほうが良いかもしれません。

今回のトレードで手持ち資金がかなり増えました。二万コインが980円課金なのでこのトレードで稼ぐのが一番です。
これでさらに船団を充実させることができそうですね。ちなみに船の改造にはフルカスタマイズで一隻数万コインが必要になるので、お金は湯水のように必要になります。

キャプチャshop6

それでは今回の金策方法はいかがでしたか?

皆さんも、船団を率いて交易しつつ、自分好みの船や船団を構築してみてくださいね!

キャプチャ019
写真:大型フリゲート
関連記事
スポンサーサイト



クレー・パオロ
Posted byクレー・パオロ

Comments0

There are no comments yet.