topimage

2017-08

クレーがもしイギリスのプロサッカーチームの監督になったら? - 2016.03.28 Mon

FIFA 16 title

紳士、淑女の皆様、こんにちは。
「クレーの本棚」編集長、兼店長、クレー・パオロです。

今回は、まだ和装カタログも最後の部分が残っているのに、また突然のFIFA16特集です!
一切DOLと関係ありませんが! こてこてのサッカー記事第二弾を( `・∀・´)ノヨロシク
例によってこの記事長いですので覚悟して読むか、分割してどーぞw

大丈夫です。クレーもサッカー素人なので素人的に書きますw 
というより玄人の方の専門的な突込みはご勘弁をw

今回の日本女子代表はとても残念な結果でしたが、勝つか負けるかの瀬戸際のスリルもサッカーの一つの醍醐味だと思います。
でも日本人選手の海外のクラブでの活躍はすごいですねw あの試合はフル観戦しましたが岡崎のオーバヘッドキックは見ていてとても爽快でしたw ある意味日本人らしからぬ(失礼)アクロバティックなプレーでしたね~

ところで今回は以前扱ったFIFAシリーズの現在の最新バージョン16での特集をお送りします。
題名は「クレーがもしプロサッカーチームの監督になったら?」というものです!
このゲームではキャリアモードっていうのがあって、前は一人のパオロ・クレーという選手を育てるモードでしたが、(以前の記事)今回はクレーはプロサッカーチームの監督になってチーム全体と選手全員を育てます。
前回はサッカーを知らない人でも一回はニュースとかで聞いたことがあるであろう超有名なイタリアのユベントスでしたが、今回はイギリスのプロチーム、サウスエンド・ユナイテッドを選びました!

え?どこって?そりゃあ泣く子も黙るイングランド、フットボールリーグ1にあるチームですよ~って余計わからないですねw

ということで、とりあえずこのチームの基礎知識を…
イングランドクラブとして超有名で、香川もしばらくいたマンチェスター・ユナイテッドとか、日本代表の岡崎所属で現在大暴れしてるレスターがいるのが「イングランドプレミアリーグ」(Barclays PL)になるわけですが、それはイングランドのトップリーグで、世界でも屈指のリーグなわけです。もちろんJリーグよりはるか上のリーグに位置します。 で、それの下に「FLチャンピオンシップ」っていう下部リーグがあり、さらにその下に「フットボールリーグ1」があるわけです。ハイ。平たく言うとこのチームは「3部リーグ」所属になります。
ちなみにこのチームのオフィシャルウェブサイトはこちらです。

そりゃイングランドでもローカルチームですから日本で試合が放送されるわけがありませんよ・・・でもですね!ここのロゴとユニフォームがすごくかっこいいのです!(これ一番重要)
オフィシャルサイトにも載ってると思いますけど、(これからもたくさん掲載します)ホームユニフォームが紺色でストライプが入ったとても品の良いデザイン。
アウェイユニフォームが蛍光に近い黄色のこれまたおしゃれなユニフォームなのですw それはこちらです。
右:ホーム 左:アウェイ

FIFA 16 2016_03_29 23_53_21

それに、トップにも載せてるチームのロゴもオシャレですよね?!このクラブ、ファンの間では"The Shrimpers"(エビちゃん達)と呼ばれてるそうですw 確かにロゴにもエビがいますしね~かわいらしい愛称ですよね~
でも3部だと言っても1906年5月19日にthe Blue Boar pubで創設された大変歴史のあるチームなのです!
パブでできたというのがイギリスらしいですねw

なので、クレーはこう思いました。「このかっこいいユニフォームでプレミアリーグ(イングランドトップリーグ)を制覇したい!あわよくば世界を震撼させるチームにしたい!」理由は簡単。「ロゴとユニフォームのデザインがかっこいいから」

・・・という高潔な夢を抱いてサウスエンド・ユナイテッドに就任したわけですよ。

で、就任直後のメンバーがこちら

FIFA 16 2016_03_25 11_14_09

当たり前ですが知らない選手ばかりですねw 顔写真はゴールキーパーのベントレー兄さんです。この人は後でも出てきます。
このリーグにいるキーパーにしては能力がやや高めですね。(後程これが元で事件が起こります)

で、クレーがこのチームに就任早々アシスタントマネージャーからこんなメールが送られてきました。

FIFA 16 2016_03_25 11_13_20
(注:クレーの使うPC版は英語しかないですが、PS版は日本語にバッチリ対応してます)

ふむふむ。何やら経営陣は将来有望な選手を探してほしいっぽいですね。 で、今のチームの弱点はストライカーだとね。なるほど。了解です!
現在のメンバーで試合をしてみると首脳陣の悩みはよくわかりました。足は遅い。シュートはよく外すし、おじさんばかり…(実在の選手の皆さんすみませんw)ゲーム内では、ですね。一応。

でも、ほかのチームから、ただうまい選手を連れてきて、チームに加えて、試合に勝って、よかったね。ではあまり面白くないですよね? それに凄いスター選手はこんな下部リーグに来るはずもない。そもそも高すぎて給料払えませんし!!

ということでクレーはこのような計画を立てました。

1.世界中からワールドクラスの潜在能力のあるユースを集める(いわゆるワンダーキッズ:順調に育てば将来、余裕で国代表になりえる子供たち)現在はまだレベルが低いので比較的移籍金が安いはず。と言っても安くても1千ドル~3千ドル・・・

2.所属リーグは3部レベルなのでワンダーキッズを中心にスタメンを組んで可能なら一年で優勝して、優勝できなくても最低でも2部リーグに昇格

3.2部リーグに上がるころにはユースも成長して、あくまでも推測だがそのリーグのチームではあなどれないぐらいは強くなるはず。そこで優勝してトップリーグに昇格。

4.トップリーグに上がると世界のスーパースター相手に戦わざるを得ないので、苦戦するのは当たり前。だがこの頃は多少予算は確保できるはずなので更なる天才児を雇うことで可能ならリーグ優勝、だめでもカップの優勝を狙う。


ふふふ。 この計画は我ながら完璧ですね。

ということで一年に一度しかお願いできない富豪への援助をお願いして、ある程度の予算を確保してから世界中から天才サッカー少年(16~19歳)にとにかくアプローチします!
膨大な選手のデータの中から天才少年たちだけにターゲットを絞りオファーを開始!まずは所属チームに移籍金交渉し、逸材を出し渋るチームと駆け引きし、それをどうにか通過したら本人との年棒契約を…ところがそこまで来て選手本人からの断り通知が続出。

FIFA 16 2016_03_25 20_09_59

やんわり「今いるところが居心地がいいから」とか「今既に強豪に所属しているのに、何でお宅のような小さいチームに行かないといけないのですか?」とかいう厳しい答えまで(´;ω;`)ウッ…そうだよね。 
常識から考えて、当たり前と言えば当たり前だけど、既に普通の選手が絶対入れない一部リーグの強豪にいるのにわざわざ弱小チームに移籍する理由ないもんね。
この時点で、クレーの完璧と思えたプランが崩壊しかけていました。

しかし、クレーも彼らの心理を考えてみました。「強豪チームにいる=出場機会が少ない」はず。
そこでもう一回契約書を送りなおしました。契約の役割のところを「将来有望な新人」ではなく「スタメン」で!
これはテキメンでした。 約6割の確率で新人君たち陥落。それでだめなら「絶対的チームのエース」で。 そこで大体8割は陥落。

ということで、夢のようなダイヤの原石のチームが出来上がったのでした!

FIFA 16 2016_03_25 18_42_52

ゲームなのに、ちゃんと幼い雰囲気が作り込まれていて面白いですね~芸が細かいw 
以下が移籍してくれた皆さま。カッコ内は元所属のチームです。

ST:アンブロース(マンチェスター・シティ)、イウォビ(アーセナル)
CAM:ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)、アミリ(1899ホッフェンハイム)、オノマ(スパーズ)、ガルシア(マンチェスター・シティ)
CM:ロフタス・チーク(チェルシー)
LM:オジョ(リバプール)
RM:ナブリー(アーセナル)
CB:レングレット(ASナンシー)、シーンズ(CDテナリフェ)、サントス(フルミネーズ)
LB:、ヘンリー(ワルシェル)、ギャロウェイ(エバートン)
RB:パラシオス(デポティボ・カイル)

世界中のすごいチームから来てくれてみんな有難う(´;ω;`)ウッ…
ということで、満を持して、このティーンだらけのチームと一緒にクレー監督のプレミアリーグへの挑戦が始まりました。
とある試合のスタメンはこんな感じになりました。

FIFA 16 2016_03_26 0_14_57

で、これのどこが面白いかというと一応彼らは全員「架空」ではなくて「実在の逸材君たち」なのです。
一例としてストライカーのアンブロース君はイングランド強豪のマンチェスター・シティでも期待の大型新人なのです。
証拠はこちらのサイトから。

ゴールキーパーは予算が尽きて獲得断念しましたが…それにもともといるベントレー兄さんも天才選手ではないけど、能力はそこそこ高く22歳でまだまだ若いのです。

写真はアウェイでのアンブローズ君
FIFA 16 2016_03_25 19_34_31
(クリックで拡大します)

いやいや、彼らがまだティーンだからと言って侮ってはいけません…確かに力で挑まれるとかなり苦しいですが、テクニック面では予想を上回るほどの破壊力でした。
アンブローズ君も得点を量産します。なんと試合開始6分で得点です。

FIFA 16 2016_03_25 18_41_02

もう一人のエース、ドリブルをしているのはマンチェスター・ユナイテッドから来たペレイラ君。
ぶつかり合いにはまだかなり弱いけど、他のパフォーマンスはすでに一流です。

FIFA 16 2016_03_25 19_37_32

それに彼はなかなかのイケメンなのです。プレースタイルもいいし大物の予感がしますね。将来が楽しみだ。
彼らのプレーにはライバルチームのベテラン選手たちもお手上げでしたw

FIFA 16 2016_03_25 22_23_46

終わってみれば5対0。 完璧に叩きのめしてしまいました。
もちろん1点差のゲームもありましたし、引き分けの時も。 ただ現時点ではまだ負けはないです!
この試合では途中では交代しましたが、ハットトリックを決めたペレイラ君がマッチボール(最優秀選手)受賞でした。

FIFA 16 2016_03_25 22_22_03

ただこうなってくると大人たちも黙ってはいません。
まだ十代だろうが関係なく容赦なくつぶしに…そう。体格では劣るので、まともにぶつかられるとまだ負けるわけです。

FIFA 16 2016_03_26 0_24_39
(クリックで拡大します)

やはり、プロでも彼らはまだ若いのでフィジカルが強いチーム、あとカッコ悪いぐらい死に物狂いでディフェンスしてくるチームとの試合はかなり苦しい戦いになります。 試合の終了間際でどうにか2点取ってようやく同点に追いついたこともしばしば…

でも彼らは、このリーグではあまり見かけることのない華麗な技を繰り出せるところがやはりダイヤの原石を感じさせます。

FIFA 16 2016_03_26 0_15_56

そしてゴールが決まるとみんなで寄ってたかって大喜び。
なんだか部活みたいですが、学生にも年齢も近いですが、一応彼らはプロですw

FIFA 16 2016_03_26 0_16_06

それに、空中戦になると大体勝てますね。
若いといっても特にディフェンス陣は結構背が高いのです。タイミングが合えばヘディングでの攻防は支配できるようです。もちろん「このリーグでは」が条件ですが。

FIFA 16 2016_03_26 0_24_11

そうそう、こちらが我らのゴールマウスを守るベントレー兄さんです。
後で正面も掲載するけど今回はたくましい後ろ姿ですw
このお兄さん、このレベルのクラブ所属にしてはなかなか上手なキーパーでして・・・おまけに若いし。
もちろんトップリーグのキーパーほどではないですが、危険な時も好セーブをして助けてくれるのです。

FIFA 16 2016_03_26 0_50_47

これで今回の計画は安泰だと思っていたら…とある事件が起こるのでした。
(続く・・・) 
  

やはりキーパーは最後の砦なので、誰でもいいわけではありません。
ディフェンスが守り切れなかったときに立ちはだかる唯一の壁ですし、それ以外でもそのキーパーがゴールキックがうまいかどうかで、その後自分たちのボールになるか、敵の攻撃になってしまうかが決まるのです。

その点ベントレー兄さんは結構頼りがいのある人です。
この時もディフェンスが破られたのですが冷静なベントレー兄さんが危なげなくセーブしましたね~

FIFA 16 2016_03_26 0_35_46

まさに仁王立ち。こんな感じで全身でシュートを止めてくれます。
3軍リーグと言えど、やはり恐ろしいシュートを放つ人は何人も存在するのです。

FIFA 16 2016_03_26 1_47_37

やっぱりキーパーによって攻撃する時の勢いも変わってしまうのです。
そりゃあ、言うまでもなく自陣のゴールが安心だと多少の無茶ができるので攻撃しやすいわけです。

後ろが安心なので、こんな感じで前のめりの総攻撃を仕掛けます。
スタジアムの雰囲気もわかりやすい綺麗な写真が撮れてますねw

FIFA 16 2016_03_26 0_34_45
(クリックで拡大します)

で、ある日クレー監督が契約リストを見たらベントレー兄さんが今年いっぱいで契約が切れることがわかりました。
それで、彼の望む金額と複数年契約を提示。 本当は来年天才キーパーを入れる予定だったけどベントレー兄さんの働きもすごく感謝してるので、クレー監督はみんな一緒に夢を追いたいと思ったわけです。

すると数日後このようなメールが…

FIFA 16 2016_03_27 14_28_28

ベントレー兄さんのエージェントが、兄さんがこのクラブとの契約更新を行う意思が無いとかなんとか・・・
ええ!?ベントレー兄さん、まさかの契約更新拒否!!このメールではまだ迷ってる的なこと書いてるけど二回目もっと条件を良くしても拒否され…
挙句の果てはメディアにも漏れてニュースになる始末><
おまけに冬の移籍解禁期間にトレード手続きしろと言ってくるという…大ピンチです。

これはどういうことかというと、イギリスとかEUのリーグは年に二回だけ、7月~8月と1月に選手が移籍できる期間があるんですが、ベントレー兄さんは1月中にほかのクラブに移籍したいと言っているのです。
理由はおそらく、彼は結構うまいので上のリーグでもプレーできるはずだと思ってるのでしょう…実際、上のリーグでも通用するレベルであるのはクレー監督もわかってました。実際、兄さんの潜在能力だとスターまではなれないけど、イングランド1部リーグでも余裕で通用します。だから若手のキーパーを早い段階で諦めて、ほかのポジションの選手を取ってきたのです。

ですが!リーグ戦は5月まであるのですよ…はっきり言ってこのチームのもう一人のキーパーはとても使えるレベルじゃないし…
お金がないから新しいキーパーと契約できないし…

それともう一つ兄さんが出ていくと最悪なことが。
それはこちらです。

FIFA 16 2016_03_27 14_35_26

これはイギリスの全部のチーム(ゲーム内の1部から4部まで全部の収録クラブ)が同じグラウンドで戦うことのできるキャピタルワンカップです。
実はみんなの頑張りでセミファイナルまで勝ってきたのです。(´;ω;`)ウッ…
いわゆるベスト4です。ここに来るまでに2回もプレミアリーグ(イングランド・トップリーグ)のチームを死闘の末、奇跡的に撃破してたどり着いたところだったのです。
そして今度はアーセナル戦。 これまでリーグ優勝13回、FAカップ優勝12回など多くのタイトルを獲得している世界的にも超強豪チームです…
そう、対戦はトレード期間中ですし、仮に兄さんの移籍が長引いて奇跡的に勝てても、次回の相手は大きな番狂わせが無ければおそらくマンチェスター・シティでしょう。 ハイ。 イングランドどころか世界屈指の強豪クラブです。
空気を読んでくれ兄さん!少年たちの夢を潰さないでくれ…

では、ここに至る道の思い出アルバムを見てみると…
自分たちと同じリーグのチームは割と楽に撃破。イケメンのペレイラ君が得点量産で安心でした。

FIFA 16 2016_03_26 21_44_15

ようやくホームのユニフォームが出てきましたねw 紺色ベースの縦じま模様入り。
この写真では泥で汚れてますがこれは試合中の死闘の証なのです。

アンブロース君とペレイラ君。顔はかわいいけどこのコンビは相手のディフェンスを恐怖に陥れます。
この日はあいにくの雨だったけど、その中で相手の陣営を翻弄しました。

FIFA 16 2016_03_26 21_38_36

ペレイラ君はフィジカルが強くないのでぶつかってこられると負けてしまいますが、フリーにさせるととても怖い選手です。
キーパー&ディフェンス二人がかりで来られても得点してしまうのです。

FIFA 16 2016_03_26 21_44_11

ペレイラ君はこの試合でも複数得点を挙げる大活躍をしました。

FIFA 16 2016_03_26 16_33_44

またもやマッチボールを手にするアンドレアス・ペレイラ君。このチームは基本的に天才少年ばかりですが彼はその中でも目立っていますね。 チーム内で3人ぐらいの少年たちが超逸材の片鱗を見せています。リアルな話、順調に育てば何年か後には皆さんも彼らの名前をテレビで見るようになるはずです。

そして、この少年たちの兄貴であるベントレー兄さん。この気合の入った顔ではるかに格上のプレミアリーグ選手の何十本もの危ないシュートを止めてきました。

FIFA 16 2016_03_27 20_53_30

アウェイでゴールしてブーイングされても皆で一致団結して戦いました。
相手がだれであっても最終的には仲間との団結で乗り越えてゆくのです。

FIFA 16 2016_03_26 1_48_06

アウェイでも相手ディフェンダーを引き連れてゴール前を切り裂きます。

FIFA 16 2016_03_26 22_56_17

この試合ではアンブロース君がマッチボールを受賞しました。
シュート4本で3点とか天才すぎます。

FIFA 16 2016_03_26 22_55_31

このような形でクレー監督率いるサウスエンド・ユナイテッドは金の卵たちと一緒に成長してゆくのでした。

ですが前途に待ち構える恐怖の冬のトレードで、ベントレー兄さんの行方はどこに!?それにアーセナルなどの強敵を目の前に移籍金も底をついた我らサウスエンドは無事に代わりのキーパーを探しだすことができるのでしょうか…

トップ画像でも使いましたがクレーの好きな画像でこのシリーズ第一部を終わります。
サウスエンドが誇るエース、ペレイラ君とアンブロース君のキックオフ!

FIFA 16 2016_03_26 21_47_49

さて、サウスエンドに未来はあるのか?
DOLとは関係ないですが・・・この記事がご好評でしたらストーリーは続く予定ですw

では皆さん。今日も明日に向かってキックオフ!(どっかで聞いたな?)
サウスエンドの監督クレーでした。
   
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ムムム!
これはFIFAは買いかぬ?・ω・
今度、JFAとも契約結んだっていうし
僕ちゃんは、昔持ってた時は、MLSのLAギャラクシーを使ってたお!

後、3軍は間違い!(`д´)
野球感覚で言ってはいけません!
三部リーグなのです!

>ハルさん
おお!ハルさんもサッカー通でしたか! 
そうそう。FIFA2017にはJリーグと日本人選手が載る可能性高いですよね!? 今の韓国リーグレベルで搭載してくれれば全く問題なし。ウイイレは終わりましたな。
と言っても新しいの出るのはちと先だから16でも安売りがあれば買いですね。操作は前と同じ感覚だと点が取れませぬw 今はGKが賢いですからね…正面突破はしにくいです。
なんとLAを使うとは通ですな。自分はMLSではレッドブルズ推しでしたw
でも今のMLSは何気にレベル高いです。イタリア代表のピレロとかもいるし。
書かなかったけど実はメインでドルトムント使ってポグバ、ネイマール、デヘア他スーパースター軍団を集めたら、強すぎて負けなくなったのでやめましたw
え~わかりやすいかと思って使ったけど3軍だめかwww
後で修理しときまする。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://draperpaulklee.blog.fc2.com/tb.php/101-d86d333d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

呉服屋店長の思い出:パート1 «  | BLOG TOP |  » 呉服お品書き:第三巻 女性の着物と和装コーデ特集

Multilingual Trancelation

Please Select Your Language.

プロフィール

クレー・パオロ

Author:クレー・パオロ
所属国:ヴェネチア
商会:英・東インド会社
本拠地:ロンドン
店舗:A鯖リスボン、銀行前

A鯖リスボンを中心に活動する創業まもない呉服店です。ヴェネチア発、着物文化を世界に広げましょうw

大海原を駆け抜けつつ、新旧問わずお気に入りの呉服(だけではなく洋服も…というか洋服が多いかも)を独断と偏見に基づき勝手にコーディネートして回りたいと思います。DOLの魅了は洋上だけにあらず!ということで貴方のお気に入りの一着はどれですか?

------------------------------------

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーテクモゲームスが使用許諾を行ったものです。 

Copyright related to "Uncharted Waters Online", and all other intellectual property rights are the property of their Corporation Koei Tecmo Games.
Image of "Uncharted Waters Online" that are posted on this website, "Uncharted Waters Online" that are licensed in the official site has been explicitly, or a valid account of "Uncharted Waters Online" is what Ltd. Koei Tecmo Games has made a license only to the user.

月別アーカイブ

08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

航海のお供に (2)
服飾関係 (53)
旅行記 (10)
南蛮交易関連 (2)
落書き帳 (3)
Uncharted Waters (14)
記念アルバム (2)
つぶやき等 (10)
その他 (3)
日常 (4)
人物模様 (3)
Union Cycliste Internationale (6)
イベント等 (13)
連絡用 (0)
FIFA (8)
Sims4 (11)
歴史の真実 (2)
オートレース関連 (1)
小説 (2)

Archive+Daycount

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR